本読んでますアピール炸裂

4/4

不動産屋さんに行く。まーくんとめちゃくちゃ会うため、まーくんの家の近くというイカれた物件の探し方をしている。大岡山に結構良い物件があったため、多分そこにすると思う。来月から終電とか気にしないでまーくんと遊べるぜ。やったぜ。


実家に帰る。なぜならプロレスの話が出来るのが弟しかいないから。胸の高さぐらいまで身長が伸びていた。もう可愛くないな。オスプレイ対マーティスカル、高橋ヒロムAJスタイルズ対中邑真輔の話をする。


帰ってハイボール飲みながらMr.ChildrenのライブDVDを鑑賞。最高だな。Center of universeに最近ハマってますね。


4/5

乗代雄介さんの「本物の読書家」という書籍の中に収録されている「未熟な同感者」を読んで大変感銘を受ける。内容の素晴らしさはさることながら、この物語に出てくる間村季那という女性の美しさにウットリしてしまう。通常であれば本に出てくる女性の美しさは、挿絵の連想や、文章に出てくる女性の特徴を今まで出会ってきた女性を重ねて美しさを想像してきたが、この間村季那に関しては乗代雄介さんの素敵な文章で間村季那という女性の美しさが脳裏に浮かぶ。「不用意に見てしまうと息が止まるぐらいの美人だった。」素晴らしいな。他にも、間村季那が座敷の居酒屋に上がる時に靴を足で掴む風景をフラミンゴに例えていて、とにかく凄い。こんな素敵な文章を書き連ねたい。「未熟な同感者」に関しては一回読んだだけでは理解できる内容ではないので何回も読んでいきたい。


4/6

タイタンの妖女」読了。初めてSF小説読んだな。難しい単語が頻出してくるため、読んでる内容を全く理解出来なくてこれ読み終わらないな。と感じ、内容なんかすっ飛ばして、巻末にある爆笑問題 太田光の解説にSF小説を読む際のコツのようなものが書いてあり、それを読んだところ、タイタンの妖女がスラスラと読めるようになった。「われわれがいったすべてのことを、われわれはいまでもやはりいいつづけてるんだよ。これまでも、いまも、これからも、変わりなく」

ほうれん草

4/1

今日から日記再開。半年前に1ヶ月ブログで日記書いてたけど、その時より書けるようなことが増えてると思う。行くぜ。


たまたま知り合った人に誘われて60人規模の花見に参加。大学生の呑み会というものを嫌悪し、参加したことがないが(そもそも己は高卒なので大学生の呑み会に誘われたことがない。当たり前の話だが。)ほぼそんな感じの花見だった。そういった大人数でワイワイやる花見で最強な奴は、面白い奴でもないし、賢いやつでもないし、かっこいいやつでもない。声が大きい奴だ。声が大きくて、何言ってるか分かる奴が優勝という土俵に始めて上がったのでビックリしてしまった。でも、こういった呑み会で気を使える奴が将来社会に出た時に気が使える奴になるんだろうな。と思った。学べることは多い。


エイプリルフール死ね。


4/2

ゴールデンウイーク明けから異動することになって、その異動先の職場にヘルプで働きに行く。春だからとてつもなく忙しい。


回答待ちだった案件を同僚のおじさんに朝倉くんこれはこう答えるんだよ。って教えてもらい、お客様に説明するが、結果的に誤った案内をお客様にしてしまう。誤った案内をしてしまったため、お客様怒る。完全にやってしまった。ホウレンソウ大事。職場にいる綺麗な女性が俺に何故そのような案内をしたのですか?という全員に通知されるメールを送ってきた。社会怖い。気を引き締めて行かなければ。あと、俺に嘘教えたおじさんは案内してしまった事は仕方ないよ。とか言ってきた。絶対に風邪引けよ。


4/3

今日も今日とて、ヘルプで働く。昨日した俺のミスで職場にいる綺麗な女性が深夜0時まで残業してた。本当に申し訳ない。でも謝ったところでもう遅いんだ。謝るくらいならなぜそんなミスをしたのかって事だから。謝罪が通用しない世界。社会。恐ろしい。(今日も結局ミスしていや、何やってるんですか?みたいな全員に通知されるメールが来た。死にます。)


夜は花見の時に知り合った30代の女性に会う。人生思い通りに行く方が楽しくない??って言ってた。朝倉くんは何かやりたいことないの?と聞かれ紙に「なりたい自分」「欲しいもの」「行きたい場所」「欲しい仲間」

を書いていただいた。

時間の無駄

7/24~7/30

気づいたこと

「ありがとう。と、ごめんなさい。を言える大人になりましょう」

バナナマンの設楽さんが言ってたけど、本当にそうだよ。会社で全然謝らないヤバいジジイを見て思った。

顔見知りのセンスある人が努力して作成したものをSNSで何千人からも評価されていた。やっぱり良いものは良いものなんだなと感心した。

 

SNS無くなっていいだろと思っていたが能力がある人がしっかり評価されるなら全然あっていいな。

このブログを読んで、てめえ何様なんだよ。と思う方もいらっしゃると思うが、こんなの読んでるお前が悪いし、俺は明日トラックに轢かれて、死ぬかもしれないしなので許していただきたい。フテネコが評価されるSNSは間違っている。

 

読んだ本

「1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった」

 

1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった

1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった

 

 

伊集院光深夜の馬鹿力で初めてFAXを読まれたことを思い出した。

ラジオネームを読まれた時の快感は何にも代えられないんだよなあ。

 

「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」

 

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬
 

 

オードリー若林の目線でキューバを見れる。若林の着眼点はやっぱり面白い。

 

「ボクたちはみんな大人になれなかった」

 

ボクたちはみんな大人になれなかった

ボクたちはみんな大人になれなかった

 

 

「きみは大丈夫だよ。おもしろいもん」って女性に言われる場面がありますけど、そんな事、言われたらたまりませんね。言われて~。

作者が燃え殻っていう人でTwitterやってるんですけど、覗いてみたらめちゃくちゃ嫌いなタイプの人だった。

 

プロレス

中邑真輔vsジョンシナ」https://youtu.be/7usL2oqatLY

アメリカのトップレスラーと日本のトップレスラーの対決。

あり得ない事です。

 「棚橋弘至vs飯伏幸太https://youtu.be/VhfnZyj1XFE

棚橋の凄いところは適応力だと思う。ヒールになれるのは凄い。飯伏の新必殺でましたけど、デザイン関係なしの説得力のみでかっこいいですね。

オフィスカジュアルは死にました

いくらなんでもカジュアル過ぎる格好で女性が働いてることあるな。ミニスカートは絶対にカジュアルじゃないだろ。なんて老害真っしぐらな事考えちゃってる。俺は最年少老害

SEKAI NO OWARIを最近また聞き始めてるけど、これ絶対に良くない兆候だ。しかも良い曲だなぁなんて思っちゃってるし。近々わいせつ罪か痴漢で捕まると思う。

ファミリーマートに売ってる970ml入ってる無糖のストレートティー安いし多いし美味しいからオススメ。

完全な出会い目的でTwitterやってたけど意味ないことに最近気づいたからABCクッキングスタジオに出会い目的で入ろうかと思ってる。資料請求までして体験チケットみたいなの貰った。近々わいせつ罪か痴漢で捕まると思う。

急に交際に発展することなんか無いって最近知った。

睡魔

人手不足が相まって俺が会社で役職を手に入れるかもしれない。付け焼き刃も良いところだな。とんでも無いことになる予感。

いろいろ

無印でロングシャツを買う。完全に調子に乗っている。調子に乗ると痛い目にあうんだから覚悟を決める。

本屋に行く。

本を探すのが苦手だ。この本ありませんか?って探す努力もしないで店員さんに聞くのも申し訳ないし。舌打ちされたら嫌だし。

とりあえず本屋にあるコンピューターから本の居場所を示す地図をレシートみたいなやつに出力。レシートも持ったしツルハシも持ったし本探しへ。

ところが、該当の棚は見つかったが該当の本が全く見当たらない。頭がクラクラしてきたので店員さんに地図を見せる。すぐ見つかる。本当にごめんなさい。 本の位置もっと分かりやすくなっても良いと思う。アプリとかと連動すれば良いのではないか?

エイプリールフール

ヤバい。職場の人が誕生日だから500円以内でプレゼント買って渡して誰が1番センスあるか競うやつが今日じゃん。

危惧している事が2つある。

1つ目は俺がプレゼントを用意していないということ。とりあえずオシャレタウン中目黒に向かっているけど中目黒はダンサーと桜しかないからなぁ。

2つ目はこのプレゼント大会をやりましょうって行ってた主催者の女がここの所体調不良で休みまくってるということ。開催されるのか!?未確認フィスティバル開催前にスクールオブロック終わっちゃいますみたいな状態になっている。

でも、ちょっとだけ休んでくれ!と思っている。プレゼントのやつめんどくさいから。

中邑真輔対ボビールードのNXT王座戦を見る。

面白い。